ツイッターをフォローする フェイスブックのファンページを見る RSSを購読する

FAQ

導入までの流れについて

導入後の懸念点について

災害時の活用法について

発電量について

回答一覧

導入までの流れについて

見積りや設計図はどこに依頼したらいいでしょうか?

太陽光発電の設置がらみのトラブルを避けるためにも、業者はしっかり選ぶことが大切です。信頼のおける業者はまず
①資格があるか、指定業者であるかなどの法的チェックを確認
②インターネットなどで実績や営業年数、評判などをリサーチする
③こちらの要望に耳を傾け、それをもとに設計プランを立ててくれるかどうか
④日射量の予測や屋根の方位、形状、屋根材(瓦、スレート、金属板瓦棒)などを元に見積り書を作成してくれるか
などです。見積り書は以下の点を確認するとよいでしょう。
 ・機器費や工事費ごとに内訳が記載されているか
 ・導入予定のシステム容量が明記されているか
 ・屋根材による工事費の違いについて説明があるか
 ・アフターフォローやメンテナンスの説明は十分か
 ・日付や担当者印、承認印など、見積りの基本的な体裁が整っているか



どこのメーカーにしたらいいですか?

ベストな選び方は、設置しようとしている住宅の屋根にどのメーカーが適しているか、という視点を持つことです。モジュールの種類やメーカーは、建物の向きや屋根の形、勾配などに合わせて選択することになるからです。モジュールの大きさや形などで屋根に載せる容量が異なるので、複数のメーカーや設置業者から見積りをとって比較するとよいでしょう。メーカーを比較する際のポイントとしては、「価格」「変換効率」「形状」などが挙げられます。
 ・価格:太陽電池モジュール1Wあたりの価格を比較。安いほうが導入費用を抑えることができます。
1Wあたりの価格=(モジュール価格)÷(モジュール公称最大出力W)
 ・変換効率:太陽光エネルギーに変換する際の変換割合を比較します。変換効率が高いほど、少ない面積でも多く発電できることを意味します。
変換効率=(モジュール公称最大出力W)÷(モジュール面積m2×1,000W/m2
 ・形状:建物の屋根に合った太陽電池モジュールがあるかチェック。最近では、サイズの異なる太陽電池モジュールを組み合わせて、さまざまな屋根の形状や限られた設置スペースに効率よく太陽電池を設置できるタイプも登場しています。各社のカタログで比較検討して総合的に判断しましょう。



施工時のトラブルの対策はありますか?

住宅用太陽光発電は通常、屋根に穴をあけて設置する工事です。そのため、老朽化し、隙間から雨漏りが発生するケース、太陽電池セルのハンダ不足やスル特性のばらつきによりモジュールのホットスポット(変色や焦げ)が見つかるケースが相次いでいます。
経済産業省では、この報告を問題視し、「ソーラー住宅の普及促進に係る課題検討委員会」を設置し、施工トラブルを防ぐガイドライン作りに取りかかりました。また、太陽光発電協会とともに、施工技術や部品における安全基準の策定を設け、これを満たす人を「PV施行士(仮称)」に認定することを計画中です。
一方、工務店やリフォーム業者の管轄である国土交通省においても、太陽光発電工事関連の施策を進めています。
具体的には、専門の技術者を育成する「太陽光発電工事専門校」を設立しました。太陽光発電をはじめとする省エネ設備技術を短期間で習得する日本発の専門工として注目を集めています。



導入後の懸念点について

メンテナンスは本当にフリーなのですか?

太陽光発電システムは自動運転機能を備えているので日常的にメンテナンスする必要はありません。しかし正常にシステムが稼動しているか、発電量が低下していないかを定期的ににチェックする必要があります。
天候が安定しているのに発電量が低下している場合は、何らかの異常や故障の疑いがあるでしょう。
また、製造上の不具合がある可能性もあるので、住宅ではアフターサービスについて必ず確認しておきましょう。



どのように廃棄処理するのですか?

廃棄処理を行う際は、補助金などによる設置期間の取り決めについて、まず確認が必要となります。
ただし、20~30年経過していてもセルそのものは使用可能なものが多いようです。仮に発電量が落ちてる場合でも、セルでなくシステムに不具合が生じている可能性があり、中古取り引き業者などを探す方法も有効でしょう。また、強化ガラス、配線材、枠材、太陽電池架台、接続箱、パワーコンディショナーなどは、リサイクル可能な素材です。



どんなトラブルが想定されますか?また、その対処法は?

国民生活センターによると、2005年以来、太陽光発電システムに関する相談件数が増加傾向にあるといいます。その8割以上が訪問販売です。
それらの対処法としては、
①すぐに契約をせず、複数の見積りを取り、納得できる事業者と契約をする
②補助金や発電量、買電量などについて、自分でも情報収集する
③トラブルにあったら迷わず消費生活センターに相談する
などが考えられます。



災害時の活用法について

災害・停電時には電力が使用できますか?

負荷の限定など、使用条件を確認のうえで設計すれば、系統と完全に切り離した上で、災害時電力を使用できるようにすることが可能です。
停電時には、系統連携システムの場合、太陽光発電システムは系統から切り離されます。系統が復旧した場合には、太陽光発電システムは5分間程度の待機の後、自動的に系統に連系されます。手動または自動により自立運転に切り替えるシステムの場合、太陽光発電システムが発電状態であれば、日射強度に応じて発電電力が使用可能となります。



発電量について

曇り、雨、雪では発電量が下がるのは本当ですか?

本当です。
太陽電池の発電量は入射する光の強度に比例して低下します。一般に、曇りでは晴天の1/2~1/10、雨天では1/5~1/20になります。また、モジュールに積雪してしまうと発電しません。
天候が変わることで、大気による光の散乱・吸収、雲による光の吸収・反射が太陽光の強度と波長に変化を生じさせること、太陽電池の種類により吸収する光の波長域が異なることなどから、天候の変化による発電量の低下も、システムや設置の仕方により異なります。



ごみやほこりは発電に影響しますか?

太陽電池にごみやほこりが付着する晴天が続き、砂ほこりなどが付けば、発電量が3~5%程度下がることもありますが、雨風で洗い流されるとほぼ元の能力に回復します。
ただし、交通量の多い道路への隣接地域などで油性浮遊物が付着した場合や、塩害地域では、別途メンテナンスを考える必要があります。



温度と発電量には関係がありますか?

単結晶・多結晶シリコン系の太陽電池は、温度が上がると効率が下がります。電池の種類によって異なりますが、平均で1℃上がることに0.4~0.5%下がるとされています。このため、真夏の発電効率は12ヵ月中で一番低くなります。(ただし日照時間・量は多いため発電量は増えます。)逆にアモルファス型の場合は温度の影響受けることが少なく、夏場の発電も確保されます。



発電量と発電効率ではどちらが大事ですか?

発電量の方が重要です。
設置面積が限られる住宅においては、発電効率のよいパネルほどより発電量が得られることになりますが、同じパネルでも、例えばパナ―コンディショナーが違えば、パワーコンディショナーの性能の高い方がより多い発電量を得ることになります。そのため、システム全体の発電量を確認する必要があるでしょう。



影はどのぐらい発電に影響しますか?

薄い影(山、ビル、樹木、電柱などの陰)が太陽電池にかかった場合、発電量が低下しますが、影の部分でも周囲からの散乱光により10~40%程度発電します。
一方、落ち葉など不透明な物体などで光が完全に遮られた場合、該当部分のセルの発電量が低下し、遮られた部分と回路上で関連する部分のセルでの発電がにも影響します。しかし、「パイパスダイオード」という電気の流れの迂回装置により、発電量の低下ができるだけ避けられる仕組みが作られています。とはいえ、もっとも影が長くなる冬場の日差しを想定しながら、できるだけ影の影響を避けた設置が重要となります。
また、一部の太陽電池では、影の影響をほとんど受けない構造が開発されています。



  • メルマガ登録はこちら
  • 知って得する補助金検索はこちら

注目記事

このページの先頭へ戻る