ツイッターをフォローする フェイスブックのファンページを見る RSSを購読する
  1. HOME
  2. その他エコ得情報
  3. トヨタホームなどが最先端のスマートハウスを体感できる実証住宅を販売
エコ得情報

トヨタホームなどが最先端のスマートハウスを体感できる実証住宅を販売

(2011年6月 6日掲載)

太陽光発電で創られ余った電力を蓄電池に蓄電、電気自動車の電池から家庭内の電化製品に電力を供給する -そんな最先端の設備を備えたスマートハウスの実証住宅が販売されます。

スマートハウスにお得に、いち早く住めるチャンス!

豊田市実証プロジェクトの施設として建設

20110606_mv.jpg

トヨタホームとトヨタすまいるライフは、スマートハウスの実証住宅の販売を6月3日から開始します。

スマートハウスとは、IT(情報技術)を駆使して、家電や車、太陽光発電などをつないで制御し、家庭内のエネルギーを効率的に使う賢い住宅のこと。実証住宅は、経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム実証地域」に選定されている「豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト」の中心となるもので、愛知県豊田市東山町と高橋町地内の2ヵ所に、環境配慮型の先進的な住宅団地として建設されます。

今回発売されるのは、全体67区画のうち、第1期分の14区画。販売価格は、4,100万円台からとなる予定です。 実証住宅では、省エネ・創エネ・蓄エネの各種機器をはじめ、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)などのエコカーを設置し、データを集め、実証を行います。これらの実証用機器は、実験期間(2011年9月から2015年1月まで)は無償で貸与され、一部の機器については実験終了後も継続して使用が可能となる予定。



HEMSや太陽光発電、蓄電池などを無償貸与

実証住宅では全戸に、家庭内の機器や設備を一括管理する「HEMS(Home Energy Management System)」と太陽光発電、電力を貯めて活用できる「蓄電池」を導入します。

その他、無償で貸与される実証用機器として、家庭用燃料電池(エネファーム)またはヒートポンプ給湯器(エコキュート)、専用LED照明、専用エアコン、専用TV、家電コントローラー、スマートフォン、インターネット接続、車両用充電スタンド、PHVまたはEVが予定されています。 HEMSは、発電量や部屋ごとの使用量を見える化するとともに、蓄電池への充放電やPHV・EVへの充電などを制御するシステムです。

このシステムにより、太陽光発電の余剰電力を蓄電池に蓄電し、電力消費の多い時間に使うことも可能となります。PHV等に搭載した電池は、車の動力だけでなく、電化製品等を動かす非常電源として活用することも検討しています。これらの機能は、震災時などには節電、エネルギー自給に役立てることができます。最先端の設備と機能を備えたスマートハウス、ぜひ、住んでみたいと思う人も多いのではないでしょうか。



関連情報


  • メルマガ登録はこちら
  • 知って得する補助金検索はこちら
このページの先頭へ戻る