ツイッターをフォローする フェイスブックのファンページを見る RSSを購読する
  1. HOME
  2. その他エコ得情報
  3. マイクロソフトが「PCを30%節電できる」プログラムを公開!
エコ得情報

マイクロソフトが「PCを30%節電できる」プログラムを公開!

(2011年5月11日掲載)

日本マイクロソフトは、パソコンの消費電力を約30%削減できるように設定変更する「Windows PC 自動節電プログラム」の無償提供を開始しました。電力需要量が増える夏期に向けて、パソコンの節電にも気を配ってみては?

パソコンを「節電」仕様にすると、どれぐらい節電できる?マイクロソフトが具体策を提案

チリも積もれば!関東だけでも約33万kWの節電に

パソコンの消費電力がどれぐらいかというと、パソコン自体の低消費電力化により、全消費電力に占める割合は家庭で約4%、企業で約21.1%以下といわれており、全体に占める割合はそれほど大きくはありません。しかし、他の家電製品と比較すると、工夫次第でさらに節電できる余地が残されています。

また、パソコンは日本全国に約7,230万台あり、東京電力管区内だけでも約2,455万台が稼働しています。東京電力管区内のWindows PCの全消費電力を算出すると、通常利用の場合は約120万kWとなりますが、節電設定を行うことで約33万kWの電力が削減できるそうです。パソコンの節電は、一人一人の電力削減量はわずかでも、積み重ねると全体では大きな削減量になるのです。

具体的な節電方法もWEBで分かりやすく紹介

マイクロソフトの「Windows PC節電策」を紹介するサイトでは、3つのステップで方法を紹介しています。

ステップ1の「PCの電力消費、節電効果について理解する」では、「Windows PC を節電して使う術」をダウンロードできます。「Windows PC を節電して使う術」では、「1時間45分以内であれば、スリープの方が省電力」「輝度40%で23%の節電効果」「モニターのホコリをこまめに拭く」など、具体的な節電方法を紹介しています。

ステップ2の「PCを節電設定に変更する」で、自動で節電に有効な設定に変更され、平均で約30%(約16W)の節電ができる「Windows PC 自動節電プログラム」を提供しています。

ステップ3として、パソコンの節電設定について、無償で問い合わせができる個人向け窓口を紹介しています。

ご自身のパソコンも、「節電仕様」に変えてみてはいかがでしょうか?



関連情報


  • メルマガ登録はこちら
  • 知って得する補助金検索はこちら
このページの先頭へ戻る