ツイッターをフォローする フェイスブックのファンページを見る RSSを購読する
  1. HOME
  2. エネファーム
  3. エコ得情報
  4. ダブル発電は何がお得なの?
エコ得情報

ダブル発電は何がお得なの?

(2011年4月 8日掲載)

太陽光発電とエネファームを組み合わせた発電方法は「ダブル発電」と呼ばれています。2つを組み合わせることで、どれぐらいお得になるのでしょうか?

そもそも、ダブル発電ってどんな仕組み?

太陽光発電とエネファーム

太陽光発電システムとは、日中、太陽エネルギーを利用して発電する仕組み。この電気を、家庭で使うことができるため、光熱費の削減になります。一方でエネファームは、LPガスや都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて電気を発生させる仕組み。こちらも、発電した電力を家庭で利用することができます。さらに、発電の際に出る排熱を効率よく利用して、お湯を沸かすことができるのがポイントです。

両方とも、自ら発電機能を持つ「創エネ」機器なので、家庭での光熱費の削減に大きく貢献できます。


太陽光発電による余剰電力は、売ることができる!



ここで押さえておきたいポイントととして、「太陽光発電による余剰電力買取制度」があります。これは、太陽光発電によって発電した電力のうち、家庭で使わなかった分を電力会社に売ることができる制度。平成23年度は、1kWhにつき42円で売却することができます。

太陽光発電で多く発電し、家庭での電力消費をなるべく抑えれば、売電できる電気量が増えるので、収入が増えるというわけです。


ダブル発電で売電量をアップさせる!



太陽光発電が発電できるのは日中だけですが、その間も生活する上で電気は必要です。太陽光発電システムだけ設置していると、どうしても売電できる電気の量は限られてくるのです。一般的に、売電できる電気の量は、太陽光発電で発電した電気全体の60%程度と言われています。

ところがエネファームを一緒に設置していると、必要な電気はエネファームが発電してくれます。昼間、優先的にエネファームの電気を使えば、太陽光発電で発電した電気をどんどん売ることができるのです。必要な電力全てをエネファームでまかなえるとすれば、理論的には太陽光発電の発電分を100%売電できることになります。(実際は使用環境などによって変わります。)

ちなみに、太陽光発電とエネファームを同時に設置している場合、電力の買取価格は1kWhあたり34円(平成23年度)と、少し安くなってしまいます。ただ、売電できる電気の量が増えるので、結果的にはお得になります。さらに、各ガス会社が、キャッシュバックなど独自のキャンペーンを実施しています。太陽光発電だけ、あるいはエネファームだけ設置するよりも、両方設置する「ダブル発電」が圧倒的にお得なのです。




関連情報


  • メルマガ登録はこちら
  • 知って得する補助金検索はこちら

注目記事

このページの先頭へ戻る