ツイッターをフォローする フェイスブックのファンページを見る RSSを購読する
  1. HOME
  2. エコカー
  3. エコ得情報
  4. GMジャパンが電気自動車「シボレー・ボルト」を日本で初公開!
エコ得情報

GMジャパンが電気自動車「シボレー・ボルト」を日本で初公開!

(2011年5月19日掲載)

GMの電気自動車(EV)「シボレー・ボルト」が日本で初公開されました。同車は、ガソリンのみでも走行できる機能を備えた、新しいコンセプトのEV。日本での発売は未定ですが、日本での実証実験も始まります。

GMジャパンが、注目の電気自動車を日本初公開。バッテリー不足の時はガソリンで走る!

バッテリー不足の時はガソリン走行も可能な電気自動車

EV「シボレー・ボルト」は、4人乗り5ドアのハッチバック。ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、5月18日より始まった自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2011」(パシフィコ横浜)で、同車を日本で初めて公開しました。一般的なEVの走行時に気になるのは充電インフラ。充電インフラを気にせず利用できるのが同車の特徴です。

GMはシボレー・ボルトを、いわゆる一般的なハイブリッド車でもなく、航続距離延長(エクステンデッド・レンジ)機能を持つ、まったく新しいEVと位置付けています。同車は、16kWhのリチウムイオンバッテリーと1.4Lのガソリンエンジンを搭載。リチウムイオンバッテリーに貯蔵されている電気を使用し、35マイル(約56km)は電気のみで走行することができます。また、バッテリーの充電量が低い場合にはガソリンを使用するエンジンジェネレータが作動し、航続距離延長モードで344マイル(約550 km)の走行が可能です。米国EPA(環境保護庁)は、両方を合わせた航続距離は379マイル(約606 km)と予測しています。

日本での実証実験もスタート

また、GMジャパンは、日本において、シボレー・ボルトの実証実験を開始します。実証試験では、日本の環境での車両適応性のフィードバックや市場反応を見極めていく予定です。

同車は、2010年12月から米国での販売を開始し、2011年末までに全米50州で展開する見通し。2011年後半には中国と欧州での販売を予定していますが、日本での販売時期は未定となっています。市場の評価が発売時期決定のカギとなるでしょうか。



関連情報


  • メルマガ登録はこちら
  • 知って得する補助金検索はこちら

注目記事

このページの先頭へ戻る